服の断捨離!基準やコツは?〜迷ったら「保留ボックス」へ〜

スポンサーリンク
服の断捨離!基準やコツは?〜迷ったら「保留ボックス」へ〜
この記事は約5分で読めます。

服があるのに着る服がない!解決策は?

服をたくさん持っているのに、毎朝のように

今日は何を着ようかな…

と迷ってしまうことはありませんか?

かつての私も、毎朝何を着るか迷い、着ては脱ぎ、着ては脱ぎ…と、朝の準備に膨大な時間がかかっていました。

しかし、持っている服の数を減らしたところ、朝着る服で迷うことがなくなりました。

選択肢は少ない方が良い

選択肢が多ければ多いほど、人は疲弊してしまいます。

スティーブ・ジョブズ氏はいつも同じ服を着ていました。

これは、無駄な選択を省いてストレスを減らし、生産性を上げるためだったそうです。

必要以上に多く服を持ち、何を着るか迷うことは今すぐやめましょう!

とは言っても、全部必要だから持っているんだけど…と思いますよね。

そこで、わたしが断捨離を始めた頃の服を捨てる基準をお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

捨てる服の選び方

捨てる服の選び方のポイントを3点ご紹介します。

着ていない服は捨てる

着ていない服は捨てましょう。

何年も着ていないけれど、思い出があってなんとなく手放すタイミングを逃し、持ち続けている服はありませんか?

それはもう服としての役目を終えている、と判断して手放してしまいましょう。

着ない服に収納を圧迫されるのはもったいないことです。

わたしは思い出だけは残そうと思い、写真に収めて手放しました。

後悔するかもしれないと思っていましたが、全くそのようなことはありませんでした。逆に、とてもすっきりした気持ちになりました。

着なくなったとはいえ大切な物でしたが、「捨てようか、どうしようか」と悩まされ続けるよりは、手放してしまった方が気持ち良かったです。

着ていない服は手放して、収納も気持ちもすっきりさせましょう。

着る頻度が低い服は捨てる

シーズン中2週間に1回以上着ない服は捨てましょう。

今の自分に本当に必要な服かどうかは、使用頻度で比較しましょう。

着る頻度が極端に少ない服は、無理をして着ているかもしれません。

古い服、くたびれた服は捨てる

古い服や、見るからにくたびれている服は捨てましょう。

よく見ると毛玉や汚れがあるものや、年をとるにつれて似合わなくなった服がクローゼットにあるかもしれません。

そもそも服の量が多すぎると、こういったチェックが行き届いていない場合があります。

この機会に、古すぎる服は手放してしまいましょう。

手放すのに抵抗があるなら「保留ボックス」へ

断捨離しよう!と決めても、今持っている服はお金を出して購入したもの。

手放すことに抵抗があるのも当然です。

そんなときは、一度保留ボックスに入れてしまいましょう。

捨てるか捨てないか迷っている服は、クローゼットにそのままにしておくのではなく、見えない場所に移してみてください。

私は箱を一つ用意し、迷った物は全てその保留ボックスの中に入れました。

「またあの服を着たい!」と思ったら保留ボックスから取り出せば良いし、そのシーズン中に取り出すことがなければ手放すことをオススメします。

ちなみに、わたしが保留ボックスからクローゼットに戻した服は1着もありませんでした!

捨てるか捨てないか迷った時点で今の自分には不要なもの、ということなんでしょうね。

おわりに

服の数を減らして朝の選択を減らし、快適な日々を過ごしましょう!

つきこ

このブログでは、ミニマルライフ、ブログ運営、Webライター活動についてなど、雑多に書いていきます!

つきこをフォローする
ミニマリスト
スポンサーリンク
つきこをフォローする
つきこのblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました